草加市の歯医者【 いいやま歯科医院 】土日診療の優しい歯医者 | プロアシスタントへの道

草加市新田駅下車の歯医者いいやま歯科医院 | プロアシスタントへの道

         

プロアシスタントへの道

第一回~私が勉強を始めた理由~

 

医療法人ハッピースマイルグループのいいやま歯科医院と北越谷歯科で受付とスマイルコーディネーター(歯科助手)として働かせていただいています、杉浦と申します。

いいやま歯科医院では勤務して丸13年がたち、14年目に突入いたしました!!

早いものです・・・。そりゃ入社当時、小学生だったお子様が立派な社会人だったり高校生だったりしちゃいます・・・。同じ職場でずっと働かせていただいているのは、仕事にやりがいがあり、患者様とのふれあいがとても楽しいからです。こんな風に患者様とのコミュニケーションを推奨している歯科医院さんもあまりないのではないかと自慢に思っていますし、そこがハッピースマイルの強みだと思っています。スタッフと患者様の仲が良い!スタッフ同士の仲も良い!

あ、歯科医院の自慢はこのくらいにして・・・(笑)

 

今回このブログを書く機会をいただいたのは、歯科助手の頑張りをぜひ知っていただきたいとおもったからです。歯科助手は歯科医院の中で唯一国家ライセンスを持たない職種です。ですから患者様のお口の中を直接触ることはできません。できることが大きく限られています。

 

ある日理事長がおっしゃいました。「歯科医院を組織として大きくしたいんだ。そのために歯科助手のプロを作りたいんだよ。杉さん(私の医院でのあだ名)何とかしてくれよ」と・・・。

 

サラリと無理難題を仰るのが先生です。言われた私は期待に応えないわけにはいきません!!

どうしたらプロになれるのかなぁと考えました。

私はいいやま歯科医院でしか働いたことがないのです。ほかの歯科医院さんに見学に行かせていただいたことはあっても実際働いたこともないので、どんな人が「プロの歯科助手」なのか?先生の求めている「プロの歯科助手」って何なのか?考えてもわかりません。

 

なんかいいセミナーはないかなぁと探していたら・・・見つけたのです!!

㈱オフィスウェーブさんの「日本歯科プロアシスタントスクール」なるものを!!しかもキャッチフレーズに「日本の歯科助手をプロにする」と書いてあります!なんてタイムリー!

でも「日本歯科プロアシスタントスクール」ですから、日本の歯科助手のプロを作ってしまう学校なのですから、そう簡単にはプロになれません。学校自体は一年がかりですし、毎月1回一日かけて講義を受け、そのあとには必ず課題が出、二週間後にはスカイプ(無料の通話アプリ)を使って課題の進行についてのディスカッションをし、次の月には先月受けた講義のテストがあり、不合格の場合はテストの再提出が・・・。なかなかのスパルタです。なかなかのハードスケジュールです。

しかし、プロになるにはこの道を通るしかなさそうです。(理事長の圧的なものも含めて)

 

さんざん悩みましたが、やはり「日本歯科プロアシスタントスクール」(通称:プロアシスタントスクールの略でPASと呼んでいます)に通うことに決めたのでした。

 

05

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
草加市の歯医者【いいやま歯科医院】|土日診療
お電話はこちらから