医療法人ハッピースマイルのいいやま歯科医院 | 歯を抜いた後に注意すべきこと

草加市新田駅下車の歯医者いいやま歯科医院 | 歯を抜いた後に注意すべきこと

         

歯を抜いた後に注意すべきこと

歯を抜く処置をされた場合、麻酔をしていたり、血が出たり、歯があった場所に傷口ができたりと、いつもと違うお口の状態になっていることが多いです。覚えておいていただきたいことをお知らせします。

 

①お口を強くゆすぐことはしないでください

出血が止まりにくくなってしまいます

 

②2~3日は飲酒・激しい運動・長湯はしないようにしてください

これらの行為は、血の流れを速くします。そうすると傷口が腫れたり、痛みが増してしまいます。また、アルコールは痛み止めのお薬の効果をなくしてしまいます。

ちょっと期間が長いと感じるかもしれませんが、腫れのピークは2日後です。その翌日くらいまでは気をつけましょう。

 

③お食事は普段通り召し上がっていただいて大丈夫です

 

④処置のあとに噛んだガーゼは30分間はそのまま噛んでいてください

圧迫して止血をしています。30分間はガーゼを取り替えないでください。

 

⑤歯を抜いた穴に食べ物のかすが詰まりやすくなっていますが、そのかすを自分で取ろうとして、傷口を触ることはしないでください

傷口に雑菌が入ると化膿してしまいます。かすが詰まってしまったら、そのままでも問題ありません。

 

⑥お口の中に血がたまったら、軽く吐き出してください

 

⑦出血が激しいときにはガーゼを1時間ほど強く噛んでいてください

血の味がしたり、ツバに血が混じるという程度なら問題ありません。

 

その他に心配なことがありましたら、お気軽にご連絡ください(電話受付:木祝を除く9:30~19:00)

歯を抜いたあとも治療は続きます。ご自身に合った詰め物や被せ物を入れていくことになります。当院で取り扱っている素材はこちらをご参照ください。

お口の健康を維持するために、一緒に頑張りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
草加市の歯医者ならいいやま歯科医院|土日診療・専用駐車場完備
お電話はこちらから