インプラント治療

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

歯は、目に見える部分の歯冠と、それを支えている歯根から成り立っています。

歯を失うことは、士官だけではなく、歯根も失うということです。 インプラント治療では、失われた歯根の代わりにチタン製のインプラント(人工歯)をあごの骨に埋め込み、

そこに人工の歯冠をしっかりと固定させます。

チタンは生体組織内において異物とみなされず、違和感なく骨と結合するという特性を利用した治療方法です。

インプラント治療は、歯を一本失った場合から、全部を失った場合まで、あらゆるケースに対応できます。

あごの骨にしっかりと固定するインプラント治療は、ずれたりぐらついたりすることがなく、

違和感、異物感に悩まされることもありません。

天然の歯と変わらない感覚で噛める、自然で美しい歯を手に入れることができるのです。

いいやま歯科医院のインプラントシステム

1952年、スウェーデン人のベル・イングヴァール・ブローネマルク博士は、

チタンが骨組織と親和し、結合することを発表しました。

その後、長期にわたる研究を経て、1965年より、博士は歯科分野でのインプラント治療を開始。

以来何百万人もの患者さんがデンタル・インプラントによって、

歯の機能、審美性、そしてクオリティー・オブ・ライフの向上を享受しています。

現在いいやま歯科医院では、長年の研究と実績より信頼性が最も高いインプラントシステムである、

ノーベルバイオケアインプラントとアストラテックインプラントのシステムを、

症例において使い分けております。

インプラント治療の流れ

問診

問診

まず歯科医師が現在のお口の状態を診断し、治療計画書を発行いたします。

その中で治療案のひとつとしてインプラントをご提案させていただきます。

もちろん、最初からインプラントをご希望される場合は、インプラントを組み込んだ治療計画書を作成します。

治療計画書の内容は、クリニカルコーディネイター(相談員)の資格を持つスタッフが直接ご説明し、患者様のお話やご希望を伺っていきます。

歯に関するお悩み、疑問、治療において優先したいことなど、なんでもご相談ください。

当院は、歯を失くした部分のみをインプラントや入れ歯で治療するということはございません。

なぜ歯を失ったのか、その原因を治さない限り、根本的な回復とは言えないと考えています。

インプラントを施術しただけでは、今後さらに、インプラント以外の歯を失ってしまうかもしれません。

歯をなくす原因は、むし歯、歯周病、咬み合わせなどたくさんありますが、当院の治療計画では、それらも合わせた治療をご提案させていただきます。

少しでも長くご自身の歯で食事を楽しんでいただくために、総合的なお口の健康の維持を目指しています。

検査

検査

インプラントに限らず、治療には、術前の問診・検査・診断が重要です。

様々な診査を行い、最適な治療方法を考えます。

1.口腔内写真

2.お口の模型

3.歯周病の検査

4.顎の検査(顎関節症などを含む)

5.レントゲン もしくは CT検査

CT検査に関して

CT検査に関して

インプラント治療では骨の量や神経の位置を把握する必要があります。

骨の状態を知るためには一般的なレントゲンでも可能ですが、骨が薄くなっている場合、さらに正確な状態を知るために、CTスキャンを使用します。

当院はCTを併設しておりますので、院内ですべての検査を行うことができます。

撮影したデータは3次元画像に加工され、診断・シミュレーションを行い、従来よりも安全に手術へ取り組めます。

口腔を消毒後、麻酔をかけます

手術

1.口腔を消毒後、麻酔をかけます。

一般の外科手術と同じように、歯科医師も十分に消毒して、感染源を排除します。

静脈内鎮静法をご希望された場合には、必ず麻酔科医が立ち会い、血液や血中の酸素濃度、脈拍などを監視します。

骨に穴を形成
インプラントを埋入
インプラントを埋め込み

2.骨に穴を形成し、インプラントを埋入

1)歯肉を開きます。

2)ドリルを使って骨にインプラントと同じ大きさの穴を開けます。

3)インプラントを埋め込み、しっかりと固定します。

4)開いた歯肉を縫い合わせます。

以上で第一次手術は終了です。

医療後に痛みが出ることはほとんどありませんが、個人差があるため、多少痛みを覚える方もいます。

また、内出血によって歯肉や頬が腫れることがあります。

3.インプラントと骨が結合するのを待ちます

上顎でおよそ6ヵ月、下顎で4ヵ月かかります。インプラントに力をかけず、治癒を待ちます。

4.アバットメントの装着

インプラント(歯根)と人工歯(歯冠)をつなぐアバットメントという支台を装着する2次手術を行います。

再び歯肉を開き、埋め込んだインプラントにアバットメントを連結します。その後、歯肉の形を整えます。

装着

装着

お口の模型をとり、患者様ひとりひとりに合った仮歯を作成します。

この時、同時に咬み合わせも調整させていただきます。

歯ぐきが治癒したら、アバットメントに新しい歯をしっかりと固定します。

見た目ががらっと変わります。

以上でインプラントの治療は終わりです。

治療のバリエーション

歯を一本だけ失った場合

健康な歯をまったく削らずに歯のない部分にインプラントを入れます。

歯を一本だけ失った場合

複数本の歯を失った場合

針金付きの入れ歯ではないので、見た目にもきれいです。

複数本の歯を失った場合

歯のない部分が大きい場合

しっかり固定されるので、入れ歯のような不快感はなくなります。

歯のない部分が大きい場合

再生治療

インプラントを埋入する上であごの骨が足りない場合は、各種再生治療を行います。

CTなどから得られた情報をもとに診断し、必要であればサイナスリフト、またはソケットリフトが行われます。

サイナスリフト

サイナスリフト1
サイナスリフト2
サイナスリフト3

上の奥歯の上には上顎洞と呼ばれる空洞(サイナス)がありますが、

人により骨の厚みが異なるため、インプラント埋入に必要な量の骨が確保できない事があります。

サイナスの粘膜(シュナイダー粘膜)をサイナスから剥離して引き上げ、

その引き上げによって生まれたスペースに

骨(人工骨もしくはご自身の他の部位から採取した自家骨)を移植します。

この処置によって、インプラントを埋入するために必要な骨の厚みが獲得できます。

ソケットリフト

ソケットリフト1
ソケットリフト2
ソケットリフト3

インプラントを埋入する位置に穴を開け、棒状の器具を使ってシュナイダー膜を叩きます。

上顎の骨はやわらかいので、叩くことによって骨が空洞の部分に持ち上がり、

インプラントを埋めるためのスペースが生まれます。

場合によっては空洞の部分に骨の代わりとなる充填材を入れます。

サイナスリフトより傷口が小さく済みますので、患者様の負担も軽いです。

インプラントと同じ位置に骨を1ミリ残して穴を開けます。

穴から専用器具(オステオオトーム)を使って

シュナイダー膜を持ち上げるように骨補填材を注入します。

多くの場合ソケットリフトとインプラントを同時に行います。

草加市の歯医者ならいいやま歯科医院