インプラント・義歯

硬い物が咬めない、食べ物がおいしく感じられない。

きちんと発音することが出来ない。口臭が気になる。人と話すのが億劫になった。

歯を失うことは食事を楽しめないだけでなく、毎日の生活に様々な影響を及ぼします。

歯は上下の歯が揃って初めて機能するものです。

歯を一本失うということは、相対する歯の機能も奪ってしまうものなのです。

いいやま歯科医院ではインプラントに豊富な知識と経験を持ち、

国際インプラント学会指導医・認定医が治療にあたります。

歯を失った場合の治療法

歯を失った場合の治療法

1~2本の歯を失った場合に行う治療法です。失った歯を補うために、両側の歯を削り、人工歯のブリッジをかけます。

ブリッジ治療は保険が利くため安価で見た目も良く、歯に固定されて口の中で動くことなく違和感がないのが利点です。

しかし、健康な歯を削らなくてはならないことと、かぶせ物の間に歯垢が溜まりやすく、虫歯や歯周病のリスクが高まることが欠点です。

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

失った歯が複数で、支えになる歯が片側しかなくブリッジが出来ない場合は部分入れ歯という選択があります。

また多くの歯を失った場合は総入れ歯になります。

比較的治療は簡単で短期間で出来るのが利点です。素材によっては保険適用も出来ます。

しかし、咬む力は弱くなり、がたつきやすく、食べ物が挟まりやすいなどの欠点があります。

インプラント

インプラント

第2の永久歯とも言われるのがインプラント治療です。チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を固定する治療法です。

あごにしっかり固定するためにぐらつかず、違和感もなく、天然の歯と変わらない機能性を持つ、自然で美しい歯となります。

機能性としては抜群のインプラントですが、治療期間が長く、保険外治療となるために費用がかかること、手術が必要なことなどがデメリットです。

草加市の歯医者ならいいやま歯科医院