医療法人ハッピースマイルのいいやま歯科医院 | 矯正相談(H,22,1,10)  M.Iさん 12歳

草加市新田駅下車の歯医者いいやま歯科医院 | 矯正相談(H,22,1,10)  M.Iさん 12歳

矯正相談(H,22,1,10)  M.Iさん 12歳

 

幼児期の頃より、前歯のあたりで舌をかむ癖があり、

止めるように何度も注意をしてきたのですが、気がつけば

奥歯で噛んだ状態にしても前歯のところが噛めていない

ようなので、矯正相談しました。

 

 

 

 

学校歯科検診で歯並びについて何か指摘されたことは

なかったのですが、麺類を食べるときうまくすすれなかったり、

噛み切れなくて全部口の中に頬張ったりして、

ちょっと苦労したみたいです。

 

 

 

 

矯正の先生に診断していただきました。

矯正装置をつけるのは可能ですが、

舌癖や口腔習癖の改善がまず第一ということでした。

 

 

 

 

 

この年頃だと、舌癖や口腔習癖を改善すれば、

あるいは自然にかみ合わせが良い状態になるそうです。

まずは、その「筋機能療法」をやることになりました。

矯正主任の金香先生にトレーニングのやり方を教わりました。

 

 

 

1、スポットポジション

唾を飲み込む時に舌の先が触れる位置を鏡で確認します。

その場所に舌先を尖らせて触ることを5回繰り返します。

ガラガラうがいをしたときに、水を吐き出す直前の舌先の位置が「スポット」なのです。

 

2、ポッピング

舌全体を上あごに吸いつけて、舌をおろしたときに「ポンッ」と音をたてます。

大きな音が出るように、早くしないでゆっくりと。

これを10回繰り返します。

 

今回は、この2つのトレーニング方法を教わり、毎日家でやってみる事にしました。

今後は1~2ヵ月毎にトレーニングの確認と、口腔内の変化をチェックしていきます。

 

 

6352
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
草加市の歯医者ならいいやま歯科医院